3Dセンサ

ams OSRAMは、3種類の3Dセンシング技術である、アクティブステレオビジョン(ASV)、タイムオブフライト(ToF)、ストラクチャードライト(SL)のすべてで最先端のソリューションを提供します。

×

3Dセンシング

急速に発展している3Dセンシングの分野は現在、以下の3Dカメラ技術で支えられています:立体画像処理、タイムオブフライト(ToF)検出、およびストラクチャードライトです。ams OSRAMはこれらすべての3Dカメラプラットフォームで赤外線照明ソリューションを提供します。最先端の垂直面発光レーザー(VCSEL)技術と光学設計とパッケージング機能をベースに、すべての3Dセンシングカメラに特化したソリューションを提供しています:構造化ライトカメラ用ドットパターン照明器 ステレオカメラ、ToFやビデオキャプチャのための広範な洪水照明装置などがあります。当社は、3Dカメラの導入をサポートするために、ソフトウェアとシステムレベルのコンポーネントでVCSEL照明を補完しています。当社のソリューションは、モバイル機器の前面および背面アプリケーション、決済用の生体認証、家庭システムのジェスチャー認識と人物認識、ロボットナビゲーション、自動車用高度運転支援システム(ADAS)、AR/VRヘッドセットなど、さまざまなコンシューマー電子プラットフォームで使用されています。

×

立体画像処理

立体撮像プラットフォームの大部分は、異なる角度で2つのカメラを使用して画像を取り込んでいます。画像処理ソフトウェアは、両方の画像の共通の特徴を識別し、三角測量によって距離情報を抽出します。しかし、立体画像処理システムは、光景に特徴がない場合にパフォーマンスが劣化することがよくあります。ams OSRAMはこの問題を解決する独自の専有ソリューションを開発しました。立体画像用の超小型なドットプロジェクタは、ステレオマッチングアルゴリズムがテクスチャ不足の問題を軽減し、高精度の奥行きマップを生成するために使用できる、非常に高いコントラストのドットパターンを生成します。左右の画像マッチングをサポートする多くの機能を持つ赤外線パターンが存在するため、ソフトウェアによる演算負荷も大幅に軽減されます。ams OSRAMのドットプロジェクターは、ロボットやモバイルデバイスなど、様々なプラットフォームへ実装可能な立体画像処理を実現可能にします。

×

ストラクチャードライト照明

ストラクチャードライトカメラによる赤外線照明は3Dセンシングにとって重要な役割を果たします。特定のアルゴリズムによって「デコード」され、画面全体にわたって奥行き情報を抽出し、あらかじめ指定された、または「エンコードされた」パターンを場面に投影します。ams OSRAMが提供するストラクチャードライトシステムを使用すれば、3D画像処理アプリケーションで非常に高い精度が可能になります。

×

タイムオブフライトセンシング

ams OSRAMが提供する低電力タイムオブフライトセンシング技術により、ホストシステムは距離を正確かつ非常に高速で測定できます。登場検出、ユーザーの顔認識、高度なカメラなど、様々なアプリケーションで正確に距離を測定できます。モバイルの前面とXRウェアラブルに向けたams OSRAMの3Dダイレクトタイムオブフライト技術は、他の実装技術よりも長い到達距離と低い消費電力を目指します。モバイルデバイスのOEMによる統合作業を最小限にするため、amsの3D dToFシステムは、光学センシングからシーン再構成、RGBカメラとの統合まで、完全な技術スタックを提供します。

×