ロバート・ヒュール(Robert Feurle)

ams OSRAMグループオプトセミコンダクターズ事業部担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー

2022年から、ロバート・ヒュールはams OSRAMグループのオプトセミコンダクターズ事業部担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めており、経営委員会のメンバーとなっています。

ロバートは、半導体およびマイクロエレクトロニクス分野において、ドイツと外国でさまざまな管理職を務めた20年以上の経験を有しています。コンピューティング、コンシューマー、産業用アプリケーション分野における研究開発、損益管理、プログラム管理、オペレーションの領域で確固たる実績があります。また、多様な特許も保有しています。

ロバートは、1996年にSiemens AGで半導体グループの設計技術者としてキャリアをスタートさせました。1999年にInfineon Technologies AGに組み込みDRAM開発ディレクターとして入社し、後にスペシャリティDRAM製品ラインのシニアディレクターを務めました。Qimondaでキャリアを積み、米国のMicronに6年間勤めた後、ロバートは2015年に統合ソリューションおよびディスクリート担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーとしてInfineonに復帰しました。そして2020年にイメージセンサソリューション事業部エグゼクティブバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーとしてams AGに入社しました。 

ロバートはドイツのコンスタンツ応用科学大学で電気工学の学位を取得しています。


> 履歴をダウンロード

> 写真をダウンロード

×