レインライトトンネルセンシング

雨や照明の状態を検知する、オーダーメイドの光電子部品およびソリューションです。

×

レインライトトンネルセンサ

自動ワイパーはどの自動車にも搭載されており、今日ではほとんどの車種において高度化しています。ワイパーの速度と頻度を制御するレインセンサは、快適さのための機能であるだけでなく、運転をより安全にするものであると考えられています。ワイパーの速度が適切であれば、どんな天候でも良好な視界を確保することができます。また、自動車メーカーは、バックミラー裏側のレインセンサの位置を、カメラ、太陽センサ、周囲光センサなどのセンサー群にとって最適であると考えています。
レインライトトンネルセンサは、一般的にLED、フォトダイオード、周囲光センサ、マイクロコントローラで構成される光電子工学システムです。バックミラーのすぐ後ろにある近赤外線(NIR)発光ダイオードは、フロントガラスの裏側に赤外光パルスを送ります。ガラスに雨がなければ、フロントガラスはこの近赤外光を100%反射して受光フォトダイオードに返しますが、ガラスに雨が降ると、光がフロントガラスから外部に逃げ、フォトダイオードの信号は雨滴の密度分だけ減少します。これにより、反射光量の差から雨の強さを計算し、ワイパーを作動させて頻度を調整することができます。このほか、周囲光センサーもシステムの一部であり、周囲光の明るさを観測し、夕暮れ時や車がトンネルに入ったときに自動的にヘッドライトを点灯させるために使用されます。
ams OSRAMは、各種フォトダイオード周囲光フォトダイオード、IC、IR-LEDなど、レインライトトンネルセンサ用のカスタム光電子光学部品の完全なポートフォリオを提供します。さまざまなパッケージサイズと構成により、レインライトトンネルセンサシステムの光学設計に最大限の柔軟性を提供します。

ams OSRAMの製品

ams OSRAMは、さまざまなパッケージ(DILSmartDILChipLED)の高信頼性フォトダイオード周囲光センサ用フォトダイオードフォトトランジスタ、フォトIC、IR-LEDを提供しており、すべてスルーホール技術のパッケージでも提供しています。

Photodiodes daylight filter phototransistors ambient light sensors ambient light IC
×