ディスプレイバックライト

ディスプレイバックライト(エッジとダイレクトバックライトの両方)は、自動車メーカーによる運転中の高度なヒューマンマシンインタラクション実現を可能にします。

×

ディスプレイエッジとダイレクトバックライト

ディスプレイエッジとダイレクトバックライト: 現代の自動車には膨大な機能が搭載されており、ディスプレイはますます大きな役割を持つようになっています。ディスプレイは、オーナーと自動車のインターフェースとして、運転時に最先端のインタラクションを実現します。ディスプレイはクルマとつながり、遊び心のあるインタラクションを可能にします。自動車の内装では、従来の計器やボタン、スイッチに代わり、ディスプレイやいわゆるスマートサーフェス、機能的サーフェスが多用されるようになっています。ディスプレイのサイズ、解像度、色域の要件が高まるにつれ、最適化された分光特性を持つより高効率なLEDの開発が進み、またより高いコントラストを可能にするディスプレイバックライトのような新しいソリューションの浸透が促されています。

ams OSRAMの製品
ams OSRAMのSYNIOS E1515は、360度のサイドルッカーパッケージにより、極薄のダイレクトバックライトに最適で、E4014はエッジバックライトに最適です。

display edge backlighting direct backlighting
×