新しいAS7343マルチスペクトルセンサが、XYZテクノロジーの追加により色測定のスピードと精度を向上

2022/02/22

多目的なAS7343は、可視光および赤外光(IR)の14チャンネルスペクトル解析とXYZ機能を組み合わせ、人間の目による色と光の強度の知覚に合わせることが可能

German version

News Facts:

  • 多目的なAS7343は、可視光および赤外光(IR)の14チャンネルスペクトル解析とXYZ機能を組み合わせ、人間の目による色と光の強度の知覚に合わせることが可能
  • ams OSRAMによる最新のスペクトルセンサに追加された機能と優れた感度は、マルチチャンネルの色分析とXYZセンシングの両方を必要とするソリューション開発者に、より高い柔軟性と迅速な測定を提供
  • 園芸、煙・熱感知器、コンシューマデバイスなどのユースケースに使用可能

 

本プレスリリースは、2022222日にドイツ・ミュンヘンとオーストリア・プレムシュテッテンで発表したプレスリリースの抄訳版です。
光学ソリューションのグローバルリーダーであるams OSRAM(日本地域統括バイスプレジデント:神永眞杉)は、スペクトルセンサの幅広いポートフォリオを拡充し、AS7343を発売しました。AS7343は、マルチチャンネルの色分析とXYZセンサテクノロジーを組み合わせた同社初の製品で、人間の目で見た光の色と強度を測定することができます。  AS7343を測色計、ポータブル分光計、コンシューマデバイスに組み込むことで、カラーマッチング、照明制御、スペクトル分析などのアプリケーションで生産性、柔軟性、機能性を高めることができます。

この新しい多目的センサは、頻繁に正確な測定を必要とするアプリケーションでの色分析に最適です。例えば、温室や屋内農園の運営業者は、色分析を利用して園芸用照明の分光特性を最適化し、収穫量とエネルギー効率を最大化しています。異なる作物の生育が、可視光線スペクトルの異なる部分によって刺激されます。「AS7343は、作物に入射する光のスペクトルを高速かつ正確に測定することができます。これらの結果を各植物種の光の要件と一致させることができます。照明の設定は、必要に応じてスペクトルの関連部分で照明を生成するように調整することができます」と、ams OSRAMの光学センサ事業部シニアマーケティングマネージャーであるKevin Jensenは説明しています。

コンパクトなチップで正確なスペクトル分析を実現
14チャンネルのAS7343は、3.1mm×2mm×1mmのフラットパッケージに収納されたチップです。光源や反射光の分光分布を測定する分光計のように機能します。可視光線スペクトルで12の等間隔測定チャンネルと近赤外線(NIR)チャンネルを備え、XYZ機能も搭載しています。前身であるAS7341との違いは、AS7343がマルチチャンネルスペクトルセンサとXYZテクノロジーを組み合わせている点です。XYZチャンネルは、人間の目による色知覚の標準モデルであるCIE 1931 XYZ色空間に緊密に沿っています。AS7343は、色座標として知られるXYZ値を直接生成できるため、ユーザーは完全なスペクトル分析を行うか、よりシンプルなカラースイープを行うかを柔軟に選択することができます。

AS7343を使用すれば、ユーザーは必要に応じて、関心のある色のシグネチャをすばやく掃引したり、完全な解像度で測定したりすることができます。また、このセンサのマルチチャンネル機能により、メタメリズムと呼ばれる人間の目の不正確なカラーマッチングに対する感受性を補正することができます。その結果、より正確な色の再現が可能になります」と、Kevin Jensenは述べています。

AS7343は、あらゆる光源と反射光に特徴的なスペクトルシグネチャを作成します。最大6チャンネルの同時使用が可能で、より柔軟な使い方ができます。この新製品は、旧モデルのAS7341に比べて最大4倍の感度を備え、スペクトル全体にわたりよりバランスのとれた色知覚と、より優れた信号分析を実現します。また、ADC自動再構成機能により、多チャンネルの読み出しがより高速になっています。

小型なセンサはスペースが限られたアプリケーションにも容易に設置できます。

幅広いアプリケーションに対応
園芸用照明などのアプリケーションでは、通常1つのセンサで十分に分光分布の高解像度測定が可能です。より高い解像度が必要な場合は、2つ以上のAS7343デバイスのフィルター応答曲線が重なり合うするように設定し、各チャンネルの帯域幅を狭めて、測定の解像度を上げることができます。この手法は、AS7341と組み合わせて使用することもできます。さらに、AS7343センサは、液体や材料のクロマトグラフ分析を可能にし、植物のクロロフィル濃度測定など、園芸分野でのアプリケーションをサポートします。
AS7343のもう1つのアプリケーションは、煙感知器や熱感知器で、煙のスペクトルシグネチャを検出することができます。AS7343のスペクトル分析により、煙センサは、木材、プラスチック、水蒸気など、異なるタイプの煙を区別することができます。

AS7343およびAS7341の詳細情報は、ams OSRAMのウェブサイトでご確認いただけます。

 


XYZテクノロジーを導入したマルチチャンネルスペクトルセンサが、スピードと精度の向上を可能にします。
写真提供元:ams OSRAM

 


AS7343は、作物に入射する光のスペクトルを高速かつ正確に測定することができます。
画像:OSRAM

 

プレス窓口:
Kathrin Kienle
自動車・モビリティ、産業担当広報                                                  
電話 +49 89 / 6213 - 2754
Kathrin.Kienle@ams-osram.com

                                              

ams OSRAMグループについて
ams OSRAM Group(SIX: AMS)は、光学ソリューションのグローバルリーダーです。我々は光にインテリジェンスを持ち込み、イノベーションへの情熱を注ぐことで人々の生活を豊かにします。これが我々の言う「Sensing is Life」を意味します。

合わせて110年以上の歴史を持つ当社は、想像力、深いエンジニアリングの専門知識、そしてセンサーと光の技術におけるグローバルな生産能力を提供できることが主な特徴です。当社は、コンシューマー、自動車、ヘルスケア、インダストリーの各分野のお客様が競争力を維持することを可能にするイノベーションを創出し、環境負荷の軽減を行う一方で、健康、安全、利便性の面で生活の質を向上させるイノベーションの推進を行っています。

世界中の約24,000人の従業員は、センシング、イルミネーション、ビジュアライゼーションの分野でイノベーションを起こし、運転をより安全に、医療診断をより正確に、そして日々のコミュニケーションをより豊かにしています。画期的なアプリケーションのために創出された技術は、15,000件以上の登録済みまたは出願中の特許に反映されています。プレムスタッテン/グラーツ(オーストリア)に本社を置き、ミュンヘン(ドイツ)に共同本社を置くグループは、2021年に50億ユーロを超える連結収益を達成し、SIXスイス証券取引所にams-OSRAM AGとして上場しています(ISIN: AT0000A18XM4)。

詳細情報はこちらをご覧ください: https://ams-osram.com

amsams-OSRAM AGの登録商標です。また、当社製品およびサービスの多くはams OSRAM Groupの商標または登録商標です。ここで記載されるその他全ての企業名および製品名は、各所有者の商標または登録商標である場合があります。

ams OSRAMのソーシャルメディアチャンネルをご購読ください: >Twitter  >LinkedIn  >Facebook  >YouTube